FC2ブログ
mixiにかけないことを書くためのblog

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は使い方。

1.ピストルラウンドが終わり、通常ラウンド(3,4R目くらい)が始まったばかりのときにいきなり使うのはあまりよろしくないので、まずはプレッシャーをかけるために前に出て守る。

2.十分にプレッシャーを与えたところで引いて守る。この時相手が仲間と一緒に飛び出るタイプか坂下に入るタイプかを見極める。

3.坂下に入るようならラファポジ。仲間と一緒に出てくるようなら引いて守る。

あとは守るポジションを替えるサイクルの中のひとつとして使うとより効果的。

これであなたも坂下キラー。
スポンサーサイト
やればやるほど坂下に入る奴用のポジション

です。


本当にありがとうございました。
今日使ってみました。


坂下はいる奴に対しては

鬼です。



 飛び込もうとするその姿が丸見えです。AWPちょっと使える人くらいなら6割とかもっと当てれるんじゃないですかね。

 ただ、やはり2人以上出てこられるときついですし、FBはしゃれにならん位くらいます。

 だからラファポジを使うときは前のラウンドで前に出てプレッシャーをかけておき、十分にかかったところで使うとものすごい効果を発揮すると思います。

 要するに相手の意表をついてのラウンドじゃないとAWPに自信がない人は痛い目を見るということです。









 俺みたいにね。
ラファエルポイント、通称ラファポジ。
あんな場所が使えるのかどうか。
とことん検証していきたいと思います。

考察のまえに

・ラフポジとは
 ラフポジとはラファエルさんがいつもロングで見るときに使っているポジション。ぶっちゃけなんでそんなところにいるのか問いたくなる。
だけど、本人に聞くことはできないので自分で検証していこうというわけです。
de_dust20010.jpg


こんな隅っこでAWP構えてます。凡人の僕には理解できません。


鯖も手伝ってくれる人もいないのですごくわかりづらい考察です。

第1回 メリットデメリット

メリット
1段階ズーム
de_dust20006.jpg

2段階ズーム
de_dust20007.jpg


 見てわかるとおり最大のメリットは視野の確保でしょうか。
これにより得られる利点は
・坂下へ飛び込むプレイヤーの駆除がしやすい
だと思われます。
 特に坂下へ飛び込むプレイヤーに対してはロングのポイントではここ以上に効果を発揮する場所は無いと思われます。

 あとは相手の意表をつけるとかですかね。特にAWPで覗いてきた場合はラフポジにエイムをあわせることはめったに無いでしょうし。

デメリット
一番最初の画像を見れば一目でわかりますが最大のデメリットは

逃げ場が無い

ですよね。これ以上のデメリットは無いです。
 一発外せば終わりですし、3人以上出てこられたら死を覚悟しなければならないでしょう。

 あと FBにも弱そう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。