FC2ブログ
mixiにかけないことを書くためのblog

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラファエルポイント、通称ラファポジ。
あんな場所が使えるのかどうか。
とことん検証していきたいと思います。

考察のまえに

・ラフポジとは
 ラフポジとはラファエルさんがいつもロングで見るときに使っているポジション。ぶっちゃけなんでそんなところにいるのか問いたくなる。
だけど、本人に聞くことはできないので自分で検証していこうというわけです。
de_dust20010.jpg


こんな隅っこでAWP構えてます。凡人の僕には理解できません。


鯖も手伝ってくれる人もいないのですごくわかりづらい考察です。

第1回 メリットデメリット

メリット
1段階ズーム
de_dust20006.jpg

2段階ズーム
de_dust20007.jpg


 見てわかるとおり最大のメリットは視野の確保でしょうか。
これにより得られる利点は
・坂下へ飛び込むプレイヤーの駆除がしやすい
だと思われます。
 特に坂下へ飛び込むプレイヤーに対してはロングのポイントではここ以上に効果を発揮する場所は無いと思われます。

 あとは相手の意表をつけるとかですかね。特にAWPで覗いてきた場合はラフポジにエイムをあわせることはめったに無いでしょうし。

デメリット
一番最初の画像を見れば一目でわかりますが最大のデメリットは

逃げ場が無い

ですよね。これ以上のデメリットは無いです。
 一発外せば終わりですし、3人以上出てこられたら死を覚悟しなければならないでしょう。

 あと FBにも弱そう。
 ここから先はデメリットというかまだ慣れてないだけなのですが、AWPのポジ取りをするときに一番気を使うのは敵が出てくる場所をいかに小さく絞り込めるかだと思ってます。

 その点について比較した画像がこちら
kenshou.jpg

 青が飛び込み、赤が走って出てくる敵を狙う範囲だと思ってください。
 
 ぶっちゃけそんなに違いないですね。すいません。

 でもこれは気分の問題なんです。

 ラフポジだと敵が出てくる場所が
de_dust200072.jpg

 と非常に絞り込みにくい。これは僕にとっては最大のデメリットになるといっても過言ではありません。
 奥から出てくるかもしれない、手前から出てくるかもしれない、はたまた飛び込みか。
 3択です。

 対して左のポジションは飛び込みか横から出てくるかの2択です。

 この差はでかい!


言い訳にしか聞こえませんね。
この辺は試合数を重ねて何回も試して絞り込んでみたいと思います。


第1回まとめ
・ラファポジが、ただの対坂下飛込み用ポジションでない所を見せてやる!

・守るポイントを変えることが結構重要らしいので、その中の1つとして組み込むと面白いかも。

・俺のズームの視野に入った敵はみんな死ぬんだぜ?とか冗談でもいえるようないわゆるドラッグショット(相手にエイムを動かして合わせる撃ち方)が広範囲でカバーできる純AWPerなら鬼強かも?

・空が曇ってきた。明日は雨かもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/29(土) 08:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。