FC2ブログ
mixiにかけないことを書くためのblog

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 AWPを当てる人と当てれない人の差ってなんでしょうね。
 多分答えは慣れだと思います。
 ではそんなに慣れてない人が当てやすい状況はどんな状況か。それはどこかでキャンプして相手が出てくるのを待つ、つまりはキャンプの状況です。キャンパーと罵られようが1vs1ではこの状況が最強です。(c4設置後とかの例外はありますが。)反論は認めません。

 ではその状況で当てる人と当たらない人でどこに差があるか。
 たとえばその両者が同じように同じところを覗いたとしても同じように当たるわけがありません。なぜなら人によってAIMの置き位置は様々だからです。ここでまず差が出てきます。

 ではどうすればいいのか。いろいろとポイントはありますがまずは自分にあったAIMの置き位置を見つけることです。

 ということで今回はポイントを置き位置にのみ絞っていきたいと思います。(なんか前に同じこと書いた気がするけど、それくらい重要ってことで目をつぶってください)

・置き位置の決め方

 置き位置を決める基準は相手の出方の予想と自分の反射とAIMの3つです。
 特に重要なのが後ろの2つ。(確実に相手に当てたいなら予想の要素が大部分を占めるけどここではあんまりAWP使ったことが無い場合なので)
 
 反射が遅い人が壁にぴったり縦の線をあわせるようにしておいていてもめったに当たるはずがありませんよね。ですので、ある程度壁との間を空けます。どの程度開けるかは数回使ってみれば大体わかると思います。
 その際は同じ位置、同じポイントで繰り返し見てください。野鯖でもいいと思います。
 あと、x2ズームとx4ズームの2パターンの置き位置を確認する必要があるので注意してください。
 *数回同じ位置にいれば相手も自分がそこにいるとわかってからの対処となるのでいろんな工夫をして出てくると思います。そういったパターンも見ておくと自分も試合の際にどう対処するかわかると思います。
 ついでに言うと僕個人の感想ですが、置いていた点と敵の出てきた点のずれをカバーできる範囲は黒点2~3つ分程度です。それを踏まえて探してみてもいいと思います。

 ちょっと欲を言えば、
・ちょっとだけ覗いて勝負してくる
・走って出てくる

 この2パターンの時の置き位置を抑えておくといいです。
 
 このx2、x4の2パターンで計4パターン。たったの4パターン抑えるだけで敵が1クリックでズビズバ死んで行くわけです。
 嘘です。世の中そんなに甘くないです。

 まとめとしてはどこか1箇所、AWPで見る位置の壁との開け具合を抑えれば後はその応用となるので微調整が楽になると思います。

 AWPについて書く時には決まってこう書いてると思うんだけど

 結局はAWPを持ってどれだけ歩いて、どれだけ待って、どれだけ敵と遭遇して倒し倒されたかです。
 AWPあたらないとか言ってる人がたまにいますけどAKやM4でHS出せるくらいのAIMがあればAWPなんて簡単なはずです。1週間AWPばっかり使ってみてください。そうすれば1週間後には量産型AWPerの誕生です。
 そこから1ランクアップするにはやはり経験しかないでしょう。

 gdgdになってきたのでこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。